中途採用支援ツールをお探しの企業様必見

中途採用支援ツールを検討していく場合、いくつかのポイントを見て、どの中途採用支援ツールを利用していくかを決めていくことになります。例えば人集め、応募者の確保など、どのルートから応募者がよく来るのか、質の高い応募者を確保するにはどの媒体がいいのかなど、今までのデータを参考に決めていくということになります。その人集めに関しても求人広告をただ出したり、ハローワークに求人票を出したりすればいいというわけではありません。転職に関する合同説明会で配る入社案内やパンフレット、会社案内に関する動画撮影、企業研究をしやすくする専門ページ、ポスターなど様々なことをしていく必要があります。人集めの部分、そして、有望な人材を確保するシステムが大事となります。

ミスマッチを防ぐための中途採用支援ツール

企業にとって一番困るのは、入社後にこんなはずではなかったと採用した人物に対する面接時の評価と実際の評価が異なるということです。また、企業側の考え方と採用された側の考え方が違い、結果としてミスマッチになることはなるべく避けたいところです。そのためには、実力のある人材を多く確保することが大事で、その中で厳選することでミスマッチを避けることができます。応募者管理は必ずしておく必要があり、この経路から来る応募者にハズレが多い、この媒体を見て応募した人は優秀であるというようなものが数字となって現れます。まずは会社に関する情報発信の部分が中途採用支援においては大事ですが、それと同じくらい採用に至る過程における管理の部分は重要であり、これらをトータルで見ていくことになっていきます。

お互いにとって良好な関係を築くために

転職を検討している人のニーズというのを意外と企業側は分かっておらず、最初の部分で有望な人材を逃しているということがあります。例えば、スマートフォン対応になっている企業の採用に関するホームページを持つ企業は全体の半数にも満たないというのが現状です。ほとんどの転職希望者はそこを見ているのに、企業側はそこに手をつけないということが起きます。中途採用支援ツールを使用することは、転職希望者のニーズを知り、魅力あふれる会社であることを伝えていくことを意味しています。どのような働き方をしているのか、環境はどうなっているのか、そうしたことを伝えていってようやくミスマッチを回避することができます。企業側、転職希望者双方が良好な関係を築くためにも中途採用支援ツールは必要であり、多少のお金をかけてでも導入することが大切です。