中途採用支援ツールを使用するメリット

即戦力の人材を雇う中途採用では、いかに同業他社に先んじて採用するかがポイントであり、内部の選考プロセスの合理化や、自社が中途採用をしている事実を広告宣伝によって周知しておく必要があります。新卒採用とは勝手が違うので、採用する側のスピードアップを中小企業向けの中途採用支援ツールによって実現しておくべきです。社内の意思決定が遅い体質のままでは、せっかく関係各位に調整して面接のスケジュールを組んだのに、すでに転職先が決まったなどの理由で相手から断られてしまう恐れがあります。優秀な人材は引く手あまたで、対応が遅い中小企業は後回しにされてしまうので注意しましょう。自社が望む人材が出てきた時に、他社に先駆けていち早く採用することが、中途採用の現場で第一に求められます。なお、中途採用支援ツールの定義には、自社をアピールする宣伝広告も含まれています。

中途採用支援ツールで選考プロセスの時間短縮

中小企業向けの中途採用支援ツールは、中途採用の選考プロセスの顕在化ができるのが大きなメリットであり、主に人材紹介会社と連携した管理システムとして提供されています。多くの中小企業では中途採用に関する担当者はおらず、人事担当者が採用業務をまとめて扱っているのが一般的です。そのため、他の業務が忙しくて、ついうっかり打ち合わせ中の転職希望者を放置していたという事態になりやすく、結果的に相手の方から辞退されてしまう危険を内包してしまいます。中途採用支援ツールは、優秀な人材からの問い合わせに迅速に対応できるように、中途採用に関する採用プロセスの進捗状況について、オンラインによる一元管理が可能です。予め管理システム上から人材紹介会社に登録しておくことで、条件を満たした人材に自動的に紹介メールを送るプッシュ型の宣伝もできます。

業者によってはオリジナルのツール制作も依頼できる

業者によって中小企業向けの中途採用支援への考え方は様々になっていて、社内の業務改革としての分析機能を有した管理システムの提供や、ホームページなどによる自社に興味を持ってくれた方へのアピール等の色々な側面からの支援を受けられます。オリジナルのツール制作を依頼できる業者もありますが、それぞれ得意としている分野があるので、比較検討した上で決定しましょう。中途採用の募集が少ないのであれば、中途採用への考え方や求める人物像を再検討する段階から中途採用支援を受けて、総合的に見直せるタイプの業者が向いています。あまり中途採用支援だけにコストをかけられない中小企業では、オンラインで利用するクラウド型の管理システムで応募者の一元管理をしながら、傾向の分析をする方法も人気です。